名称未設定のデザイン

※意外と知らない【膣】の常識と事実~人生が変わります~


こんにちは!膣アドバイザーのMAIです(^-^)

今回も膣にまつわるお話をざざざっとしていきますよ~

膣ケアって、

・男性を喜ばせる名器になる

・尿漏れ防止!

・締まりが良くなる!

とか、えっちい話になりがちですが、勘違いです。((+_+))

膣ケア=子宮ケアなんです!!!!!!

中でも、最近テレビなどで見る【膣トレ】は膣ケアの一つですが、ダイエット目的でやっている方も多いですね(^-^)それはそれで有りだと思います。

私がお伝えすることは、膣周りの筋肉を鍛えることではなく、膣の入り口の2・3センチ先の中のお話です。

膣トレとは別で考えてくださいw

なぜ膣ケアをすすめるの?

なぜ私がこんなに声を大にして膣ケアを進めているのは、【実感】があったからなのです。

まずは、事実のお話から勉強していきましょう♪

女性ホルモンってよく聞くワードですよね(^-^)

私たち女性は、女性ホルモンで成り立っているといってもおかしくないんです。

女性ホルモンの中の一つ、エストロゲンは妊娠する女性の体を司って思春期から更年期にかけて女性の人生前半に大きく影響します。

エストロゲンは脳の血流を増やしたり脳を活性化させる神経伝達物質を刺激する働きがあるので、生理が近づいてくると もう一つのホルモン・プロゲステロンが優位になって黄体期が来るのですが、エストロゲンの働きを邪魔するので、脳の働きが悪くなって【うつ】っぽく感じたり、 閉経すると物忘れしやすいのです。

女性ホルモンは、体内の血管を広げて循環器の病気の発症を抑えていたり、 骨粗鬆症や整形外科の病気を抑えているので心と子宮だけではない働きもするので、影響力があるんですね(^-^)

 さらにエストロゲンは、 直接的に皮膚や関節のコラーゲンを増やす作用があるのでハリを維持します。一方、間接的な作用は、幸せホルモンと呼ばれてる、セロトニンやメラトニンと言った脳内物質の分泌を促してくれて、 眠りの質に関わってくるのもあります。 

眠りの質ってすごく大事!次の日の仕事のパフォーマンスや活力にも関わってくるので、眠りの質はよくしたいですね。

 

と、女性ホルモンっていうのはすごく大事なものだと分かっていただけましたか?

 そして本題!

エストロゲンは今お伝えした通り、皮膚のコラーゲンを増やす作用があるのと、女性にとってはふっくらマシュマロみたいにバストアップした形を保ちますので、

まさに女性らしさを主ってくれる大切な大切なホルモンです。

この大切な女性ホルモンの減少は、歳とともに減少してしまうのですが、 デリケートゾーン・すなわち膣に影響を与えています。

 

エストロゲンが減少すると、膣の粘膜のコラーゲンも減って弾力がなくなってしまって、膣内の分泌物も少なくなって乾燥してしまうんです。乾燥しすぎると、膣も縮んでしまい、膣の厚みも無くなって最終的には、プラスチックみたいにカチカチな状態になります・・・・・・

 

乾燥してしまうってことは、 外から細菌が入ってきたのを殺す自浄作用も弱まってしまって炎症を起こしやすくなります。

 

痛みとかかゆみ、 嫌な臭いがするおりもの、膣(オマタ)の違和感、 といった症状も起こりやすくなってしまうのです。

 

女性ホルモンは、 脳からの指令で卵巣から分泌されます。

 

と、言う事は女性ホルモンを活性しする手段として、子宮から繋がっている膣をケアする方が最速の女性ホルモンケアになります!これで勧める理由が分かって頂けましたか???

しかも、 女性ホルモンは、皆さんびっくりすると思いますけど女性の生涯でティースプーン一杯分の量しか分泌されないんです。

なので50歳前後に訪れる閉経までがほぼほぼ使い果たされてしまう状態。wow!

ほんの少量のホルモンが10代から40代の女性を守っているんですね(^-^)

 

  膣は、濡れてなくちゃだめ!

ノーマルの膣内は、粘液が出ているので潤ってます。てことは、いつも濡れている状態にあるんですね。 膣を潤わせて乾燥や汚れから守っています。

 

お客様からの相談内容で、【おりものが出てて困っている】という方もいらっしゃいますが、

1日下着を着ていて、 1/3以上下着が汚れてしまう方は、少し問題があるかもしれません。

膣のペーハー値(Phバランスとも言います)酸性よりで3~4が理想なのですが、これがアルカリ性よりになっていると、炎症を起こしやすくします。。。

正常なおりものは透明か乳白色。匂いは少し甘酸っぱいような臭いがします。 おりものは出てしまうんですが、少量程度です。

 

おりものシートをしていて、膣が当たる面積の半分以上出る方は、雑菌が多い可能性もあります。 生臭い臭いがしたり量が多すぎると感じたら何かの症状のサインなので確認してくださいね。

 

白いおりもの⇒カンジダ症・殺菌性の膣炎の疑い

 

赤、 ピンク、茶色のおりもの⇒ 不正出血、子宮内膜炎、子宮癌、子宮頸がんポリープの疑い

 

黄色、黄緑色のおりもの⇒トリコモナス腟炎、クラミジア、淋菌感染症の疑い

 

生理の時のあの嫌な臭いは消せる!

 

生理特有の気になる臭いの原因は、主に経血と言われていますが、正常な子宮なら無臭です。

原因の一つとして、時間が経ちすぎてしまうと酸化が原因で臭くなることもありますが、前に記述したように、膣内のおりものが臭うと言う事は、生理の血も膣を通るワケなのでニオイが移って臭くなってしまいますよね。

正常な膣になれば、子宮から流れてきた生理の血も臭わなくなるし、膣からでるおりものも気になるほどのニオイを発しなくなります。

基本は、ナプキンは2時間で交換するのがベスト。放置し過ぎは、蒸れてかゆくなるし、肌のコンディションが悪いと、かぶれたりしますから気を付けてください!

私みたいに鼻が敏感な方が近くにいると、「あ、生理なんだ」と分かってしまうくらいニオイがばれますw笑

生理の血は本当は鮮やかな赤

わたしもこれにはびっくりしました。

生理の血ってちょっと黒い赤だと思っていたし、実際に私も生理の時はそうでした。

でもね・・・Sセラピーを受けたら鮮明な赤に変わったんです!感動しました。

Sセラピーは子宮が直接温まることができるので、子宮が正常になりやすくなるので、日頃子宮に対して間接的にしかケアが出来ていなかったから効果がてきめんでした。

あと、生理の血のかたまり【コアグラ】さん。これが毎回出ていたのですが、なくなりました。

このコアグラが出てしまっている人は「子宮が冷えている」んです。

通常なら子宮からゆっくり雪崩のように血が落ちてくるのですが、冷えていると子宮は筋肉ですから硬い状態なので、無理に生理の血を出そうとするんです。

そうすると、むりやり出されたかたまりが落ちてくると言う事になります。

しかも、 生理の血のかたまりが毎回毎回、頻繁に出てくるということは、子宮の病気の可能性も出てきます。

子宮内膜症や子宮筋腫などの 可能性もあるので、検査を勧めます。こればっかりは、エステでケアはできません・・・・(*_*)

現代の女性は、生理回数が多すぎる

現代の女性は、 30年40年前の女性と比べて、生理回数が多いです。

その差は、妊娠と出産です。

昔の女性は、生理が16歳で初めて迎え、閉経は40代後半でした。ところが、今は栄養状態や体格が大きくなったことの影響を受けて初経が12歳に早まり、閉経が50代前半。妊娠中は月経が止まるので、出産回数が減ると、その分月経の回数は増えます。

出産回数も、昔の女性は多くが4~5人以上産んでいたのですが、現代は0~2人ぐらい。仕事復帰しなくちゃいけないせいもあるのか、授乳をやめる人もいたり、授乳により月経が止まっている期間も短くなりました。この結果、現代の女性は昔の女性に比べて400回も月経が増えているみたい。

元々、子宮は子孫繁栄をする為に作られている臓器。

生理が来る事や排卵は自然なことで違和感が無いと思っているかもしれませんが、月経や排卵の回数が増えたことで多くなる疾患もあります。月経や排卵には大きなエネルギーが必要になるので、

出血というロスや、排卵することによる生活の質の低下もあります。しかも年々、卵子も新鮮ではなくなります。

月経や排卵が増えた結果、子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんが増えてしまうこともわかっています。妊娠の機会が少ないことが、乳がんの増加の一因でもあり得るから怖いことなんです・・

 PMS(月経前症候群)は心と体のすれ違い

 

今は、PMS症状の 緩和の 薬が出てるくらい、生理前のつらい症状に悩まされている女性が多いと思います。

 

昔はそうでもなかったのに、 30代後半になって PMS がひどくなってしまったり、生理の 予定日に生理が来なくて、イライラしたり。

 

いっそ生理なんかなくなっちゃえばいいのにって思ったことないですか?

 

生理があるって言うことは、女性ホルモンが回っていることの証拠にもあるので、なくなってしまったらちょっと困ることですね。笑

辛い思いをさせるのは、 プロゲステロン(黄体ホルモン)です。

 

女性ホルモンというのは、 分泌が多すぎるのも良くないし、少なすぎるのもよくありません。数値を保たなくてはいけないものなのです。

 

日々のストレスや体内のコンディションによって自律神経が乱れたり、女性ホルモンが乱れてしまうと生理前になって、 プロゲステロンが通常よりも少なかったり、多く出過ぎてしまって脳が対応できてない状態になっていると、頭がどーんと重くなったり、やる気がなくなったり、体がだるくなったり、皮脂の分泌が活発になりすぎてニキビができてしまったり、色々な症状を引き起こします。症状がひどい方は、鬱なのにもなりやすくなってしまうかもしれません。

薬は一時の対処療法。ホルモンバランスの調和を取ることがキーポイントですね(^-^)