月別アーカイブ: 2014年3月

間違うと大変なことに!アンダーヘア自己処理について

ブラジリアンワックス脱毛サロンのパラアモールです。

デリケートゾーンでもとくにアンダーヘアは気持ちの上でもデリケートな部分で、
サロンに行くのも恥ずかしいし自分で処理したくなっちゃいますよね?

ですが、自分でのお手入れはさまざまなトラブルの原因となり、
結果的に後悔する人が多いのも事実。ムダ毛の自己処理では、どんなリスクがあるかご紹介します。

●シミ・色素沈着

自分でムダ毛のお手入れをする場合、カミソリや電動シェーバー、ワックス、
毛抜きなどそれがどんな方法であれ、少なからず皮膚を傷つけてしまったり、毛穴を広げてしまったりします。

そういった細かい傷跡や小さなダメージがシミとして残り、色素沈着などにつながってしまうんです。

何度も同じ部位のムダ毛を処理を繰り返すと皮膚が硬くなってしまうので、
肌がザラついたり、毛穴が鳥肌のようにブツブツと目立つようになってしまいます。

●毛嚢炎(もうのうえん)

自己処理で傷ついた皮膚や毛穴から細菌が入り込み、毛根の周囲が炎症をおこして赤く腫れ、化膿したり痛くなったりします。

見た目は大人ニキビに似ているのですが、毛嚢炎の場合は患部が広がったり
色素沈着やケロイド状の傷跡が残ったりしてしまうこともあり、酷くなると切開手術が必要になるそうです。

●埋没毛

ムダ毛処理で毛穴の入り口を傷つけてしまうと、皮膚の再生サイクルが毛の再生サイクルより早いため、
傷同士が癒着して毛穴が塞がってしまいます。こうして毛穴が塞がってしまうと伸びてきた毛は皮膚表面へ出ることができず、
毛が皮膚の中でトグロを巻くことになる事も。

また、毛穴の入り口を傷つけていない場合でも、毛が切れて先が尖ることで毛穴でない皮膚を貫通して、
同じく埋没毛になってしまうこともあります。

こういった埋没毛を自分で切開して取り出そうとすると、前より強い皮膚の癒着がおきるのでさらに埋没毛をおこすことになります。何回もそういったことを繰り替えしていると色素沈着をおこしたり、毛嚢炎をおこすこともあるそうです。

治療は皮膚科でレーザーによりおこないますが、稀に埋没毛の燃えカスが排出されず、皮膚の中に残ってしまう人もいるそうです。
治療は皮膚科で抗菌薬を処方してもらい服用します。

当サロンではワックス脱毛後の3日後にしていただくのをお勧めしています!